主にラテールで「逝きろ」という名前でプレイしているこの上ないヘボプレイヤー。「逝きる力P」としてアイマスにも出没
by FlyingTokyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


カテゴリ:旅( 10 )

The Railway Museum~忘れた頃にやってきた完結編:上野あいづの憂鬱~

訪問から1ヶ月たってようやく完結編です。


ここからは戦後昭和の名車とその他もろもろの展示を見ていきます。


d0074069_2273151.jpg


昭和33年に寝台特急「あさかぜ」で活躍を始めた20系客車。
快適性を追求した設備から当時は”走るホテル”と呼ばれていました。
また、青地に白のラインというブルートレインカラーもこの車両で始めて導入されたものですが、現在東海道線で走るブルートレインは「富士・はやぶさ」と「銀河」のみです。


d0074069_2275672.jpg
d0074069_2282237.jpg


中央線の混雑緩和の切り札として導入された101(モハ90)系電車。
つい最近までJR南部支線で活躍していたのも今は昔。
この頃になると現在の車両構造の基礎ができあがり、国鉄車両の基本スタイルが成立します。
車内も少し前までよく見たつくりとなっています。
ちなみにこの車両をもとに山手線向けに改良されたのが国鉄で3447両という最大勢力を誇った103系電車です。


d0074069_229022.jpg
d0074069_2291122.jpg
d0074069_2292439.jpg


国鉄特急網の最盛期をつくりあげた181系(上)と485系特急電車(中)。
全国特急網整備のために登場し、文字通り四国を除く日本中を走り回った電車です。
全盛期には食堂車も連結されておりまさに国鉄の象徴たる列車たちでした。
181系は新潟駅を、485系は上野駅を再現したホーム(下)にそれぞれ据え付けられています。



他にもたくさんあるけどおいらが燃え尽きたのでネタバレもほどほどにしておきます。
体験ゾーンにシミュレータに親子でも、鉄道ファンでも満足できる、それが鉄道博物館です。
機会があれば一度行ってみてはどうでしょうか、決して損はしませんよ。


d0074069_2293451.jpg

[PR]
by FlyingTokyo | 2007-11-26 22:09 |

The Railway Museum 後編の皮をかぶった中編:至宝とヲタのハーモニー

紆余曲折を経てようやく入れた鉄道博物館。

エントランスはこのとおりでございます。ちと見づらいけど。

d0074069_10572766.jpg



入館料は大人1000円。
他の博物館と比べるとやや高いですがそれだけの価値はあるといってもいいでしょう。
読んでいけばわかる…かもしれません。
ちなみに入館券はICカードになっていて退館のときに回収されます。
デザインは結構シンプル。

d0074069_10594450.jpg


また、Suica、PASMOを使用する場合はそのままそれが入館券になります。中でのお買い物にも使えますし、いやはや便利な世の中になったものです。


さて、早速展示を見て回るとしますか。

最初に向かったのはもちろん「ヒストリーゾーン」。この博物館のメインです。
なんといっても日本最大の35両(だったはず)実物車両の展示があるのですから!
鉄として食指がそそられないはずがありません。


全部書くと長くなるので主なものをざ~っと紹介してみます。


d0074069_15523235.jpg

まず目に見えるのがこの「1号機関車」。
1872年10月14日に開業した新橋~横浜間の日本最初の鉄道で使用された機関車です。
後ろにはマッチ箱とも呼ばれた当時の客車(レプリカ)も連結されています。
交通博物館で展示されていた頃よりもどことなく活き活きとした感じです。



d0074069_15524961.jpg

その隣にいるアメリカンな印象の機関車は「弁慶号」。
北海道最初の鉄道で使用されていた機関車です。
復元のために大宮まで回送される途中、関東大震災が発生。10年以上も黒磯駅で放置されていたというエピソードもありますが、そのような逆境を乗り越えてこうして綺麗な姿で現在まで保存されているのはうれしい限りです。


さて一気に時代は下り今度は昭和初期へ。



d0074069_15563111.jpg

特急「富士」等に連結されていた豪華展望車マイテ39形。
戦前は海外への連絡輸送も鉄道で行われていてなんとパリやロンドン方面への切符も販売されていました。
もっとも一般庶民にとっては無縁でしたが(当時のサラリーマンの給料1年分ですから)。
ちなみにJR西日本には類似の展望車マイテ49形が現在もイベント用として在籍しています。

じつはこのヒストリーゾーンは単に車両を展示しているだけではなく、駅ホームの一部の復元、当時の乗客の代表的な携行品など、その車両が活躍していた時代の雰囲気もしっかりと紹介されています。このマイテ39形も東京駅のホーム復元部分に横付けされて展示されています。車両だけに絞らず鉄道を「文化」として扱う展示のしかたにJRの心意気が感じられます。


では、次に行きましょう。


d0074069_15571841.jpg

「ゲタ電」と呼ばれた旧型通勤電車クモハ40形。
一部の仲間が80年代前半まで身延線・飯田線で活躍していたというのももう昔の話です。
昭和初期の御茶ノ水駅に停車している状態が再現されています。


d0074069_1651495.jpg

車内も板張りの床、ニス塗りの壁、そして天井の白熱灯と歴史を感じさせます。
一部の車両を除いて車内にも自由に入れる、というのも「活きた展示」という言葉がぴったり合います。



d0074069_16103438.jpg

交通博物館でもおなじみの展示だったC57 135も展示されています。
ターンテーブルの上にたたずむその姿はやはりSL独特の風格を感じます。
ちなみに整備さえすれば本線上の走行も可能だとか。
でも同僚のC57 180が新津を拠点に走り回っている様子を見るとこれはこれででしっかり役目を果たしている、という気持ちにもなります。

このターンテーブルも可動式になっていて将来の展示換えにも配慮しているとの事。
今後の動向に目が離せませんよ~プロデューサーさん



さらに時代は下り戦後の電車全盛の時代へ…


ほんとの後編:「更新もっと早くやれよ、上野あいづの憂鬱」に続く
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-10-26 16:21 |

The Railway Museum 前編:泣く子と鉄にゃ

10月14日は鉄道の日。

そして内外から注目されていた「鉄道博物館」がオープンしました。


えぇ、もちろん行きましたとも。

wktkしながら東北線で大宮を目指し、11時半ごろ到着。
大宮では既に混雑のため入場制限中、という放送が流れていたため様子見と燃料補給のためにベッカーズで少し早い昼食としました。

昼食を済ませニューシャトルの改札へ行くと…。

d0074069_2243645.jpg


「鉄道博物館はお客様が非常に多いため本日は入館できませ~ん!」





なんじゃそりゃ!!?


日比谷公園の方にある程度流れると読んでいましたがまさかここまできているとは…。

d0074069_225465.jpg



でもここまで来てしまったからには引き下がれないので、せっかくだから下見?を兼ねて鉄道博物館駅まで乗ってみることにしました。
新交通システム特有の小さい車両は独特の趣があっていいものです。
大宮からは3分程度で鉄道博物館(旧:大成)駅に到着します。


案の定、メインエントランスからは入ることができず駐車場側から回り込むようになっていました。
改札前では泣きじゃくる子どもを連れて引き返そうとする親御さんの姿も…。


でもおいらはせっかくだから(これ、おいらのスタンスです)その「臨時入口」の前まで行ってみることに。

そしたらやっぱり門は閉まっているわけで…。

諦めて偶然目の前に見つけた模型店でも寄ってから帰ろうと思っていたら…。








ん?




門が開いて、人が入っていく~~!?


警備員の方に聞くと、どうやらある程度混雑が緩和されたようである程度の入場を再開するとの事。


キターーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!

「せっかくだから」を実践した甲斐がありました。


同時にあの改札前で泣きじゃくっていた子どものことを思い出しました。
親御さんがもう少し忍耐力がある人だったらな…(ぇ


行列も順調に進み5分も経たずに入場券売り場まで行けました。

(後編:至宝とヲタのハーモニー に続く…)
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-10-14 22:32 |

かえってきたわたしまめい~

ようやくMyPCが修理から返ってきました。
今までショルダーバッグに直に入れてしまっていたせいでみすぼらしい外観になっていたのも綺麗になりました。
キャリングケースも手配したので今度はこの状態を保てるようにしたいです。



誰も期待していない旅行記最終章その1 ~名古屋の山編~
※相変わらずデジカメ故障中のため写真はありません。

また鈍行を乗り継いで名古屋に到着。

えぇ、早速向かいましたとも。



地下鉄を乗り継いでいりなか駅、そしてそこから炎天下の中を歩きあの喫茶「マウンテン」へ…。

ちなみにマウンテンさん、つい最近建て替えたばかりだそうで店内は非常にきれいです。
しかしお盆の時期だった故か順番待ちはかなりの時間となりました。エアコンの配置も少し悪いようで待っている間も汗が…。

ようやく席に案内され、メニューに目を通します。
普通(に思える)のと奇怪な料理が混在しているのは相変わらず。
今回もパスタものに挑戦しようかとも思いましたが、四国で讃岐うどんを満喫していたこともあって麺類は次回にまわして(あるのか?)ピラフの中にあった「大人のお子様ランチ」に決定。そしてこのうだるような暑さの中歩いてきたために飲み物も欲しくなり、ジュースの欄(やたらと種類が多いです)をみるとそこに…
















私マーメイマメイージュースなるものが。


愚民精神が発動し迷わず注文。


しかし改めて周りを見ると皆様TVやネットで情報を仕入れた方々が多いようで、甘口抹茶小倉スパとか味噌煮込み風スパとかあったりなんか明らかに小倉の方が厚くなってる小倉トーストとか食べてますし、皆様なかなか命知らずのようです(ぇ)、しかもけっこう遭難してるし。
去年甘口バナナスパを10分で食べたことを友人に話したら「お前すげ~な~」と苦笑いしながら言われたことを思い出します。今度黄色い救急車に乗ろうかと思います(オイ


10分ほど経ってまずマメイージュースが到着。
赤を少し濃くしたような色の液体はまさに春閣下にふさわしい色。味も少し甘めですがなんというか「エキゾチックな甘さ」です。うん、これはいける。
また、この店の慣例でジュースに棒状のクッキーと小さいミルクケーキが付くのがまた面白いところです。

さらに5分ほど待っているとお待ちかねの「大人のお子様ランチ」が…



ピラフの上にミニハンバーグとソーセージで顔作ってある上にご丁寧に旗まで立てていたりと流石お子様ランチと名乗るだけのことはあります。
んでもって量(だけ)は立派な「大人サイズ」なわけです。流石マウンテン、ソコにしびれるあこがれるゥ~!


お味はけっこう良かったのですがお子様向けゆえに(?)ピラフの味付けが少し薄いのが残念なところ。もう少しケチャップかペッパーの味が欲しいところです。

ともあれまたもや10分で完食してしまいました。しかも隣のテーブルから「なんかすっげーきれーに食ってるよー」とか聞こえるし。まぁ、アレ系じゃないからけっこう楽に食べられましたが…。鍋スパとか頼んだ暁にはどうなっていたことやら


なんだかんだ言ってもマウンテンはいいところです。
一度行ってみなされ。
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-08-29 03:19 |

山とありあけ

遅ればせながら更新です。


まずは旅行の続きから。

朝11時ごろに高知を出発。鰹のたたきはちょうど駅弁で売っていたので迷わず購入。雪辱(?)を晴らせました。
その後、窪川を経由して宇和島へ到着。わずか13分間でしたが6年前とあまり変わらない宇和島の風景を見ることができました。
夜に松山着。松山城など行けるはずもなく京都行きの夜行「ムーンライト松山」に乗って京都へ。
客車、とはいっても旧型の座席車なので寝心地はよくありません。まぁ18きっぷで乗れるだけありがたい存在といえるでしょう。

(登山、そして突発アケマス初体験編へ続く(ぇ)





んで、今日(もう昨日だけど)例のごとくコミケに出陣してまいりました。

目標?言うまでもないでしょ。


アイマスのやよいとかゆきぽとかいおりんとか美希とかうっう~とかあふぅとk



~~~(しばらくお待ちください)~~~



カタログ無しのガチンコ勝負でしたがそれなりの収穫はありました。
おいらは人気サークルというのはあまり関係なく自分が気に入ったものを買うというスタイルなので今となっては買わなくて正解だった、とも考えています。

「つ~かCDの注文忘れた~!」
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-08-20 01:17 |

ぶっかけ

現在地は高知でございます。
ノートPCが修理中のため宿備え付けのPCでちまちまと更新しているわけで。


こんぴらさんにお参りしました。
やはり800段以上もある石段は手ごたえがあります。
杖の貸し出しや駕籠があるのも納得です。
でもやっぱり登りきった後の達成感はこの上ないものですよ!眺めも最高でしたし。
自分の足で行ったからこそ味わえるものです。ご利益もありますしね。

お約束の讃岐うどんも食べました。
ぶっかけって冷たいつゆをかけるんですね。ついついあっちの方を思い浮かべてしてしまうのですが
もちろん味も申し分なし、当たり外れも少ないほうです。
最近では「モノ」自体は東京でも気軽に食べられますが、スタイルはやはり香川で体験してこそのものです。

明日は宇和島をまわって松山、そして夜行で京都へ戻ります。でもやっぱり鰹を食べられなかったのが心残りです。
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-08-14 23:11 |

余るべ

只今サークルの旅行中で、現在岡山にいます。
青春18きっぷを利用し、先日発の夜行快速「ムーンライトながら」に乗車して大垣から鈍行を乗り継ぎ山陰をまわってきました。
近く架け替えが決定している餘部橋梁も見てきました。何がすごいってまずは地上から見たその存在感!地上高40メートルを超えるその威容にはただただ息を呑むばかりです。補修も行き届いていて、綺麗な朱色に塗られたその姿は必見です。

明日は瀬戸大橋線からいよいよ四国入りします。
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-08-13 21:59 |

とうほぐ

現在地は青森市の某ビジネスホテル。
例のごとくネット環境があるためこうして更新。

ここまでの行路を簡単におさらいしてみます。
ちなみに今回はデジカメが予想外の故障(たぶんCCDの異常)にみまわれたため携帯のカメラで写真を撮っています。念のため。


3/4(0日目)

d0074069_21542234.jpg

新宿23:09発の快速ムーンライトえちごに乗って新潟へ。
途中高崎で友達&先輩と合流(なぜ高崎なのかは各自「18きっぷ」などでググって調べてみて)
暇つぶしで薔薇おt(ry



3/5(1日目)

ろくに睡眠も出来ないうちに4:51に新潟着。
新潟から磐越西線を乗り継ぎ郡山に10:13到着。
そこから更に東北本線を乗り継いで仙台へ。

仙台ではかの有名な青葉城址を見てきました。青葉山公園の山道を歩いた先にあったのは…


杜の都を一望…できるはずの展望台。
あいにくの曇り空でしたorz

でもめげずに政宗公の像を撮影!
d0074069_2244173.jpg



そして仙台市内のビジネスホテルで1泊。



3/6(2日目)
2日目の始まりは仙石線。
列車の編成が短いことを除けば東京の電車とあまり変わりません。

しかし電車が進むにつれて見えてきたのは…松島の絶景!

流石日本三景と呼ばれるだけのことはあります。
今回はチラ見しかできませんでしたがいつかここでゆっくり眺めてみたいですね。


そして石巻に到着。ここから石巻線に乗車。
朝飯代わりに仙台で買っておいた駅弁「伊達弁当」を賞味。

d0074069_2212733.jpg

山海(なのか?)の幸はもちろんのこと、御飯がおにぎりというのも魅力的です。


少し乗れば前谷地駅に。
ここで時間があったのでしばし待機。
親切な駅長さんがいろいろと話をしてくれたうえに駅長室まで見せてくれました!(普段は立入禁止ですよ)
本当に感謝しています。


さて列車が来たので気仙沼線を一路北へ。

気仙沼で駅弁を買おうと思ったのですが扱っていないということで仕方なく昼飯はカップヌードル…。

これなんて貧乏旅行気分…?


気仙沼から大船渡線経由で日本で初めての第3セクター鉄道、三陸鉄道線へ。
リアス式海岸の断崖絶壁が望める、と思いきや意外とトンネルが多い…。
地形的に仕方ない話なんですけどね…。


そうこうしているうちに釜石に到着。
ここから宮沢賢治ゆかりの釜石線に乗車。
エスペラントが余計です(ぇ
この路線も風光明媚でいろいろと車窓を楽しめます。


そしてこんかいの宿泊地となる民話の里、遠野に到着。
駅を出たときは雪が降っていました。

宿泊先の旅館に到ちゃk…あれ、応答なし?

経営もとのホテルで話を聞くと宿の管理人が病気で休業中とのこと…。

なんとかかわりの宿を見つけてくれてそこへ向かいました。多謝。

古いですが趣のある宿でカオスな語らいの後に眠りにつきました。


疲れてるし最後グダグダになりつつも2日目までのまとめでした。
3日目以降はまた後日に。




ラテールでも逝くかな
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-03-07 22:25 |

月光

本日新宿23:09発ムーンライトえちごに乗って旅行に出発いたします。
しばしの間INできませんのでお見知りおきを。
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-03-04 17:56 |

ゆーてんじ・りたーんず

※デジカメ忘れてしまったので写真はありません。ごめんなさい。


前回定休日のため徒労に終わった鉄道ファン御用達のカレー屋「ナイアガラ」に再び行ってみました。
今度はちゃんと営業していましたよ。

店内に入るとかつてのホーロー製の駅名板やSLのナンバープレートなど鉄道グッズがずらり。
古い物も多くどことなくレトロな雰囲気も漂っていてなかなかいい雰囲気です。
席も本物の列車のボックスシートが使われているなど、なかなかこだわっています。

んで、早速ハンバーグカレーの特急(辛口のこと)を注文。




しばらくしてカレーが運ばれてきました。



SL列車の模型に乗せられて。


そう、このお店では席の隣にレールが敷かれていてそこを注文した品を乗せた列車が走るというなかなか楽しいシステム。

肝心のカレーもなかなかのもの。決して奇をてらったものではなく昔なつかしのシンプルな味が特徴です。


店内を見ても地元の人らしき親子連れのお客さんもいたりして、祐天寺の人々にも親しまれていることが窺えます。


祐天寺駅すぐのカレー屋「ナイアガラ」

鉄道ファンでなくとも十分楽しめるお店なので是非1度足を運んでみては?
[PR]
by FlyingTokyo | 2007-02-28 19:19 |